面接時の質問は大切

最近ではニュース等でも、労働条件を守らない、残業代を支払わない等の「ブラック企業」と呼ばれる会社が話題となっています。せっかく働くなら気持ち良く働いてしっかりとお給料を頂くのが理想的です。しかし、実際に働いてみなければその会社の実態は目に見えないのが現実です。そこで、バイトを選ぶにあたって、いかにブラックを避け、「ホワイト」な企業を選ぶかが大切だと言えます。バイト先を探す時、行った事の無いお店の募集広告を見てとりあえず電話をかけてみるという人は少なくありません。しかし、応募の前に実際にそのお店を訪問してみる事は非常に大切なことです。実際にそこで働いている人が楽しそうに働いているか?また店長などの上司は優しそうな人か?という点をあらかじめチェックしておく事で、入った後に「こんなはずじゃなかった!」という事態を回避する事ができます。また、面接でもホワイト企業を判断する方法があります。面接官との質疑の中で、何か質問があるかを聞かれた場合に、法律で定められている有給休暇はきちんと取得できるのかを聞いてみるようにすると、「ホワイト」な企業でしたら当然取れると答えてくれますが、ブラックな企業でしたら話題を逸らされるパターンがほとんどです。法律で労働者に認められている権利を利用させてくれないような会社であれば、他の会社を選ぶ方が賢明な選択となる事は間違いありません。バイトとして気持ちよく働くためには入念な下調べが重要である事は言うまでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です